How to 会社設立

会社設立のメリット・デメリット

会社を設立するメリットはなんでしょう?ここでは、一般的によく知られている会社設立のメリットとデメリットをご紹介しています。

社会的信用度

個人事業をされている方と比べると、「○○商店」と「○○株式会社」とでは、その信用度が異なりますよね。その点から、同じビジネスをするのであれば、断然会社を設立する方が有利といえるでしょう。どんな事業を行うにしても、自分の会社だけでは何も行えません。様々な会社との取引があってこそ成り立つものですよね。その取引条件としても、個人事業より会社を求められることも多くあります。また、事業を拡大する場合、資金調達や融資が必要となりますよね。そんなときも、金融機関などから見て信頼があるととれるのは「○○商店」よりも「○○株式会社」。このように社会的信用度は、やはり個人事業よりは株式会社という会社組織があるようです。信用度という点でのメリットが会社設立にはあります。

必要経費・節税

次のメリットは経費の違いです。必要経費にできる範囲の広さが個人事業と株式会社とでは大きな差があります。例えば、社長の給与。個人事業の場合もちろん経費ではありません。ところが、会社の場合は社長の給与も経費から発生します。会社から役員報酬としてでるのです。また、退職金だって会社から経費として受け取ることができます。このように、必要経費の範囲に大きな違いがあります。また、経費が増えると節税にもつながります。会社の課税の元となる利益が低くなるので、税金が安くなるというわけです。税金は所得が増えると増えた分だけ税率が高くなってしまうのが一般的ですよね。ところが、会社の場合は、税率が一定となっているので、どんなに所得が増えようと変わることはありません。所得の多い個人事業の場合は、会社を設立する方が経費の範囲を広げることができ、その上節税もできるメリットが得られます。

以上のように個人事業と会社設立とでは、様々なメリットがあります。このメリットはどのケースにもあてはまるメリットとは一概には言えません。あくまでも一般的によく知られている会社設立のメリットです。そのため、自分の場合にもあてはまるメリットなのかしっかり考慮することが大切です。安易にこのメリットばかりを鵜呑みにして会社を設立しないようにしましょう!!

会社設立のデメリット

会社設立には、もちろん良い面ばかりではありません。物事には必ずメリットがあればデメリットもあります。メリットの裏を返せば時と場合によってデメリットになることもあります。会社設立に関しても同じです。会社を設立するということはそれだけ重大な責任を負うことになります。もちろん債務がある場合、法的には会社の場合は個人とは違って全てを社長であるあなたが負うわけではありませんが・・・しかし、会社とは組織です。組織は一人ではできません。社員ひとりひとりの存在があるからこそ、会社という組織がなりたっています。その社員の長にいるという責任を忘れてはいけません。あなたの夢に賛同したたくさんの人が動いているのですから、しっかりとした志とプライドを持ち、必ず会社を成功させる社長になりましょう!

check

ダイヤ 買取

Last update:2016/1/27

Copyright(c)2008. How to 会社設立. all rights reserved.